あいてぃ煮込み

SIer(SE)が、ITインフラをメインに知識や実装手順を紹介するブログです。

VMware ESXi 7.0 Update1 DCUIでできること

f:id:toto-blend:20210420134739p:plain

今回は、ESXi 7.0 Update1のダイレクトコンソールユーザーインターフェース(DCUI)でできることを確認します。

DCUIの中身

トップページ

F2キー:各種設定
F11キー:再起動もしくはシャットダウン

f:id:toto-blend:20210107163737j:plain

F2キーの各種設定項目

Configure Password:rootのパスワード変更
Configure Management Network:各種ネットワークの設定
Restart Management Network:ネットワークの再起動
Network Restore Option:標準/分散仮想スイッチのリストア
Configure Keyboard:キーボードレイアウトの設定
Troubleshooting Options:sshやshellの設定
View System Logs:各種ログの確認
View Support Information:シリアルナンバーなどの各種情報の表示
Reset System Configuration:システム構成のリセット

f:id:toto-blend:20201230184828j:plain

Configure Management Network

Network Adapters:ESXiに接続するNICの設定
VLAN(optional):VLANの設定
IPv4 Configuration:IPv4ネットワーク設定
IPv6 Configuration:IPv6ネットワーク設定
DNS Configuration:プライマリ&代替DNSとホスト名設定
Custom DNS Suffixes:DNSサフィックス設定

f:id:toto-blend:20201230192627j:plain

Network Restore Options
標準仮想スイッチ→分散仮想スイッチへの移行に失敗し通信ができなくなった際にはNetwork Restore Optionsで対応します。

Create Standard Switch:標準仮想スイッチの作成
Create Port Group:ポートグループの作成
Migrate VMkernel NIC to Standard Switch:分散仮想スイッチ上のVMkernelを標準仮想スイッチに移行
※移行先の標準仮想スイッチに最低一つ以上の物理NICが必要。
Restore Network Settings:ネットワーク設定のリストア
Restore Standard Switch:標準仮想スイッチのリストア
※ESXiホストが標準仮想スイッチ上に存在する場合、グレーアウト。
Restore vDS:分散仮想スイッチのリストア
※分散仮想スイッチが存在しないのでグレーアウト。

f:id:toto-blend:20201230194508j:plain

Troubleshooting Mode Options

Enable ESXi Shell:ESXi Shellの有効/無効
Enable SSHSSHの有効/無効
Modify ESXi Shell and SSH timeouts:ESXi Shell/SSHタイムアウト設定
*1可用性タイムアウト*2アイドルタイムアウトの設定が可能。
Modify DCUI idle timeout:DCUIのアイドルタイムアウト設定
Restart Management Agent:管理エージェントの再起動

f:id:toto-blend:20201231135136j:plain

View System Logs

View System Logsを選択した状態で数字キーを押すことによってログを表示。
ログが表示された画面から抜ける場合Qキー。
f:id:toto-blend:20201231144639j:plain

*1:可用性タイムアウトとは、ESXi Shellを有効にしてからログインするまでの許容時間制限。時間超過後、ESXi Shellは無効化。

*2:アイドルタイムアウトとは、入力が無い状態でタイムアウトするまでの時間。