あいてぃ煮込み

SIer(SE)が、ITインフラをメインに知識や実装手順を紹介するブログです。

RHEL8.3インストール直後の /var/log/messages に出力されるエラー文紹介

f:id:toto-blend:20210420134939p:plain

今回は、RHEL8.3のインストール直後に「/var/log/messages」に出力される警告・エラー文について紹介します。

環境説明&確認方法

実施した環境

仮想化ソフト:VMware Workstation Player
OS:Red Hat Enterprise Linux
カーネルバージョン:4.18.0-240
ソフトウェアの選択:サーバー(GUI使用)

確認方法

1. RHEL8.3をインストール(インストール時にサブスクリプションをアタッチ)
2. ログファイル/var/lo/messagesを下記コマンドで確認

$ sudo cat /var/log/messages | egrep -i "emergency|critical|alert|error|warning|fail"

3.出力された内容を確認

確認されたエラー・警告文

内容が重複しているものは省略して記載しています。
また、関連して出力されている文ごとにまとめ前後に改行を挟んでいます。

$ sudo cat /var/log/messages | egrep -i "emergency|critical|alert||error|warning|fail"
Jan  5 09:29:17 test01 run-initial-setup[1062]: #011(WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.

Jan  5 09:29:27 test01 org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Services[2360]: WARNING:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34: DeprecationWarning: the imp module is deprecated in favour of importlib; see the module's documentation for alternative uses
Jan  5 09:29:27 test01 org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Users[2360]: WARNING:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34: DeprecationWarning: the imp module is deprecated in favour of importlib; see the module's documentation for alternative uses
Jan  5 09:29:28 test01 org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Timezone[2360]: WARNING:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34: DeprecationWarning: the imp module is deprecated in favour of importlib; see the module's documentation for alternative uses
Jan  5 09:29:28 test01 org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Network[2360]: WARNING:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34: DeprecationWarning: the imp module is deprecated in favour of importlib; see the module's documentation for alternative uses
Jan  5 09:29:28 test01 org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Security[2360]: WARNING:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34: DeprecationWarning: the imp module is deprecated in favour of importlib; see the module's documentation for alternative uses
Jan  5 09:29:28 test01 org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Localization[2360]: WARNING:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34: DeprecationWarning: the imp module is deprecated in favour of importlib; see the module's documentation for alternative uses

Jan  5 09:30:42 test01 org.gnome.Shell.desktop[5996]: libEGL warning: DRI2: failed to create dri screen.
Jan  5 09:30:42 test01 org.gnome.Shell.desktop[5996]: libEGL warning: Not allowed to force software rendering when API explicitly selects a hardware device.

Jan  5 09:30:57 test01 gnome-keyring-daemon[6291]: couldn't create login keyring: An error occurred on the device.

Jan  5 09:32:40 test01 org.gnome.Shell.desktop[6370]: Window manager warning: last_user_time (216220) is greater than comparison timestamp (216219).  This most likely represents a buggy client sending inaccurate timestamps in messages such as _NET_ACTIVE_WINDOW.  Trying to work around...
Jan  5 09:32:40 test01 org.gnome.Shell.desktop[6370]: Window manager warning: W3 appears to be one of the offending windows with a timestamp of 216220.  Working around...

ログの読み方


Jan 5 09:29:17 test01 run-initial-setup[1062]: #011(WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.

項目ログ該当箇所
ログ出力日時Jan 5 09:29:17
ログ出力元ホスト名test01
ログ出力元サービス
[*1プロセス番号]:
run-initial-setup[1062]:
内容#011(WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.

出力されたエラー文の和訳と内容

run-initial-setup[1062]: #011(WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.

和訳:(WW)警告、(EE)エラー、(NI)実装されていない、(??)不明。
内容:run-initial-setupがインストール時に表示されるGUIの初期セットアップに該当するパッケージ。
エラー内容から、VMでOSをインストールするとき解像度が大体おかしいので、その時に出力されたものだと推察。


org.fedoraproject.Anaconda.Modules.Services[2360]: WARNING:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34: DeprecationWarning: the imp module is deprecated in favour of importlib; see the module's documentation for alternative uses~

和訳:警告:py.warnings:/usr/lib64/python3.6/site-packages/pyanaconda/core/util.py:34:非推奨警告:impモジュールは非推奨になり、importlibが優先されます。別の使用法については、モジュールのドキュメントを参照してください
内容:Python2.7以降、関数呼び出しモジュールがimpモジュール→importlibに変更されたのでそれに関する注意書き。
RHELのパッケージ類の多くがPythonで記述されています。


org.gnome.Shell.desktop[5996]: libEGL warning: DRI2: failed to create dri screen.
org.gnome.Shell.desktop[5996]: libEGL warning: Not allowed to force software rendering when API explicitly selects a hardware device.

和訳:libEGL警告:DRI2:dri画面の作成に失敗しました
libEGL警告:APIがハードウェアデバイスを明示的に選択する場合、ソフトウェアレンダリングを強制することは許可されていません。
内容:libEGLのバグ。Ubuntuだが同様のものだと思われる。
github.com


gnome-keyring-daemon[6291]: couldn't create login keyring: An error occurred on the device

和訳:ログインキーリングを作成できませんでした:デバイスでエラーが発生しました
内容:gnomeのバグ。割とよく見かける。
1368331 – gnome-session has warning messages


org.gnome.Shell.desktop[6370]: Window manager warning: last_user_time (216220) is greater than comparison timestamp (216219). This most likely represents a buggy client sending inaccurate timestamps in messages such as _NET_ACTIVE_WINDOW. Trying to work around...
org.gnome.Shell.desktop[6370]: Window manager warning: W3 appears to be one of the offending windows with a timestamp of 216220. Working around...

和訳:ウィンドウマネージャーの警告:last_user_time(216220)が比較タイムスタンプ(216219)よりも大きいです。これは、バグのあるクライアントが_NET_ACTIVE_WINDOWなどのメッセージで不正確なタイムスタンプを送信している可能性があります。回避しようとしています...
ウィンドウマネージャーの警告:W3は、タイムスタンプが216220の問題のあるウィンドウの1つであるようです。回避策...
内容:GUIで端末を操作などいろんな操作がトリガーとなって出力されるバグ
操作するたびに出力され続けるので、messagesを監視している場合、このメッセージは除外するのが吉。
1242210 – [GTK3][wayland] Window manager warning: last_user_time is greater than comparison timestamp

あとがき

LinuxというOSの都合上、いろんな人がそれぞれのパッケージを開発しているのでインストールした時点でもそれなりにエラー・警告文は出力されるものですね。

お仕事とかでLinuxを構築したりしていると試験とか正常性確認として/var/log/messagesに表示されるメッセージをかなり気にされる方がいますが、 実装したい内容を考えると試験として/var/log/messagesをとりあえず組み込むのは、自分の身を守るためにもあまりよくないなーと最近感じています。

なので、インストールしたときや構築時に見つけられた問題なさそうなエラー・警告文は除外しますよって方向で持っていくのが一番丸いのかなと考えています。

*1:プロセスが起動した瞬間に割り当てられる識別番号